仙台でデリヘルの風俗で男の処理

仙台に久しぶりに出張で出かけましたが、勿論、仙台は伊達家・仙台藩の城下町で、今でも仙台城・青葉城の城址公園では伊達政宗公が城下を見下しています。
其の城下町仙台も、江戸時代には庶民の街として大いに栄え、花街や郭、遊郭も盛んだったようで、其の名残が現在の仙台市街の青葉通りであり、国分町辺りであった。

その仙台出張で、青葉通りで久しぶりに飲んでの帰り道、気持ちもすっかり上機嫌になっていたので、これから可愛い女性と一遊びすることにした。
派手な一軒のデリヘルの看板が目についたので、一人の女を指名して、マイ・ホテルに招いた。

明るく性格もよさそうな東北美人でで、東北の訛りの入った声でハキハキ話す娘(・・?)であった。
ホテルに到着すると、「あら、良い部屋ね」と、お世辞を言う。 
シャワーを浴びるのに洋服を脱いだ彼女のオッパイは、細身の身体に似合わず、しっかりとした形をしていた。 

時間には余裕があるので、ゆっくりシャワーを浴びていたが、素肌で抱合いながら軽くキスをすると、答えるように小生の一物を握り返してくる。 既に、小生のはピンと張りつめている。

ベッドに横になるとと、女は触る前からアソコは既に濡れ濡れで、これは彼女の持って生まれた天性みたいなものですね。 
嫌がる風でも無く、一物を弄りながらシコシコ、 その内、パックリと咥えてモミモミ。
 ”うーーん、やばい” 思わず出そうなのを堪える。
1ヵ月ぶりのエッチに、すっかり燃えてしまった俺であるが、同時に中指をウネウネさせて彼女も同時に絶頂へ導いた。

奈良の人妻デリヘル【人妻トレインエクスプレス】